個人情報保護方針

1.基本方針
 日本製薬団体連合会(日薬連)は、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)第3条に定める基本理念「個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきである」ことを深く認識し、平成17年1月策定の「製薬企業における個人情報の適正な取扱いのためのガイドライン」に基づき、個人情報を適正に取り扱います。

2.個人情報の取得について
 日薬連は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得し、個人情報の取得にあたっては、予めその利用目的を公表または通知いたします。

3.個人情報の利用について
 日薬連は、予め公表または通知した範囲内で個人情報を利用し、目的外利用の必要性が生じた場合には、事前に本人の同意を得ることといたします。

4.個人データの提供について
 日薬連は、事前に本人の同意を得た場合、または法令で認められている場合を除き、個人データを第三者に提供いたしません。
 ただし、利用目的の達成に必要な範囲内で個人データの取り扱いを第三者に委託する場合には、委託先を適正に監督いたします。

5.個人データの管理について
 日薬連は、個人データを正確かつ最新の内容に保つよう努めると共に、個人データの漏洩、滅失または毀損の防止、その他個人データの安全管理のために必要な措置を講じます。

6.保有個人データの開示・訂正・利用停止等について
 日薬連は、本人から保有個人データの開示・訂正・利用停止等を求められた場合には、本人確認の手続を経て、誠実に対応いたします。
 また個人情報の取扱いについて本人から苦情の申し立てがあった場合には、事実関係を調査した上で、誠意をもって対処いたします。

平成17年4月1日
日本製薬団体連合会